鉄板焼きの材料が豊富な東京

今、観光地としてかなり熱くなっている東京では、和食から多国籍料理まで幅広く鉄板焼きを出してるお店が増えてますよ。路面店での鉄板焼きも看板が目立ちますが、ビルの上階層のレストランフロアにも鉄板焼き屋が多くなってます。どこの路地を歩いても見つけられる国民的メニューとなってます。

川崎の個室で記念日の情報がわかりやすく紹介されています。

鉄板焼きで食べると、ほどよい焦げ目と醤油やソースなどがジュワーッと加熱された香りでおいしい時間を過ごすことができますね。


寿司や刺身といった生魚が苦手な旅行者にはとても人気です。


東京には世界中の材料が集まりますので、スーパーで手軽に調味料を調達することができます。

朝日新聞デジタルを是非ご利用ください。

マッシュルームをひっくり返してくぼんだ部分にガーリックオイルを垂らして焼けばスペイン料理のアヒージョ風になりますし、ナスやオニオンスライスを焼いてラタトゥイユソースにつけて食べるとフランス料理に。

多種の料理を同時に楽しめるのが鉄板焼きのメリットです。
東京には、厨房で働く外国人がとても多いので、本場の味を味わうことができるのも人気の一つですね。

東京はとても忙しい街。



ゆっくり食べる時間を取れない人のほうが多いように見えます。

そんな忙しいおひとり様用に、カウンターで短時間で軽く食べられる鉄板ランチを用意してるお店が目立つようになってきました。

一人で外食するのがちょっと恥ずかしい、という考えの人でも、カウンターでチョイ食べで済ますことができる時代ですので、女性客が一人で食べる姿を見かけます。
大勢で食べてもおいしいですし、一人で軽く済ませられるので、鉄板料理への親しみ感がさらに強くなりますね。